30代の化粧水選びのコツ

自分の肌質に合ったものを選ぶ

30代になると、20代で使っていた化粧水が合わなくなったという人も少なくないでしょう。コスメサイトなどでは「30代はこの化粧水を使うべき」「この化粧水が人気」といった情報を目にすることもありますが、大切なことは「自分の肌質をしっかり理解する」ということです。毎日自分の肌と向き合っていると「シミが増えてきた」「たるみが気になってきた」などということがあるでしょう。

例えば、シミやくすみが気になる人はビタミンEが含まれている化粧水、肌のたるみにはビタミンCが含まれているのもがおすすめです。肌のターンオーバーの遅れによって起こりがちなシミやくすみですが、ビタミンEは高い血行促進効果によって肌の生まれ変わりを促してくれます。ビタミンCは、皮膚周辺の弾力を回復させる効果があるので、たるみ改善にも適しています。「30代だからこれを使うべき」というわけではなく、自分の肌の悩みに合った化粧水を使うのが効果的です。

エイジングケアも視野に入れる

30代の肌は水分や油分が少なくなり始めています。そのため乾燥しがちであったり、弾力がなくなったりなど、紫外線から肌を守るバリア機能の低下も気になるところです。そういった肌の悩みを解決するには、保湿力の高い「エイジングケア」がある化粧水がおすすめです。「自分にはちょっと早いかな」と、エイジングという言葉に抵抗がある人もいるかもしれませんが、肌の衰えは徐々にやってきます。30代のうちからしっかりケアをしておくことで、この先の40代、50代の肌は劇的に変わってくるでしょう。乾燥や小じわが気になりだしたといったことがあれば、これまでよりも保湿力が高い化粧水を使う、それでも肌のつっぱりが気になる場合は美容オイルやクリームを使うとより効果的です。