乾燥肌の化粧水

保湿成分が豊富に配合されている

乾燥肌の人が化粧水選びにおいてこだわるべきポイントと言えば、配合されている成分です。角質層に存在し水分を挟み込んで潤いをキープするセラミド、真皮に存在し皮膚表面の水分保持力を高めるヒアルロン酸、潤いとハリを与えてくれるコラーゲンなどの保湿成分が高濃度で配合されている化粧水を選ぶのが重要なポイントとなります。乾燥がひどくて皮膚の表面のカサつきが気になる場合は、表面にしっかりととどまるとろみのあるテクスチャーのものを選びましょう。チャージした保湿成分が逃げないようにするために、乳液やクリームで蓋をすることも忘れてはいけません。乳液やクリームは油分が多めのものを選ぶと、程よい皮膜感が生まれて肌が乾燥しにくくなります。

浸透力と潤いキープ力が高い

乾燥肌の人は角質が硬くなっていてキメが粗くゴワつきが生じている状態であることが多く、化粧水がなかなか入っていかないという問題がつきまといます。そこで重要になってくるのが化粧水の浸透力の高さです。保湿成分が豊富に配合されていても、それらが角質層の奥深くまで行き届かなければ意味がありませんので、成分が低分子化されていたりなどの工夫が施されている浸透力の高い化粧水を選ぶべきです。浸透力が高い化粧水を選ぶことが潤いキープ力の高さにつながり、ひいては乾燥肌の悩み解消に結び付きます。化粧水を使う前にブースターやふき取り化粧水で角質を柔らかくしておくと、さらに浸透力がアップして瞬時にお肌が潤いで満たされます。