脂性肌の化粧水

全体的にベタついているなら

脂性肌は皮脂が過剰に分泌され脂っぽくなっている肌質で、ベタついたりテカったりなどの問題がついてまわります。肌が全体的にベタベタしている脂性肌の人が選ぶべき化粧水は、水のようにサラッとしたテクスチャーのさっぱりタイプです。とろみのあるしっとりタイプの化粧水を脂性肌の人が使用すると、ベタつきやテカりの問題がさらに深刻化してしまいます。脂性肌で皮脂の分泌量が多いと、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖しニキビも出来やすくなります。脂性肌とニキビ肌の両方をケアしたい場合は、グリチルリチン酸など炎症を抑える作用を持つ成分が配合された薬用タイプの化粧水を選びましょう。コットンに含ませて軽く拭き取るように化粧水を馴染ませると、皮脂や古い角質が取り除かれてスッキリします。

部分的にベタついているなら

フェイスラインや頬などのUラインはそれほど脂っぽくないけど、鼻や額などのTゾーンのベタつきが酷いという混合肌に近い脂性肌の方は、保湿力が高い化粧水を選んでたっぷりと潤いチャージをする必要があります。保湿ケア不足で乾燥すると肌が自ら潤いを補おうとして皮脂を多く分泌し、それが脂性肌の原因になっている可能性があるからです。水分を挟み込んで潤いを閉じ込めるセラミド、水分保持力を向上させるヒアルロン酸などの保湿成分が含有されている保湿化粧水を使った保湿ケアで乾燥を防ぐことが出来れば、皮脂の分泌量は自然と減っていきベタつきも気にならなくなります。 脂性肌の裏側には乾燥肌が隠れているということを理解し、徹底的な保湿ケアに力を入れて水分と油分のバランスを良好に保ちましょう。