20代の化粧水選びのコツ

20代の肌の状態を知ろう

20代は前半と後半で肌の状態が変化してきます。20代前半は肌のターンオーバー(新陳代謝)がスムーズに行われており、弾力があり潤いに満ちた肌状態となっています。その一方で皮脂の分泌量がピークとなるので、ニキビに悩まされる方も多いでしょう。また学生から社会人となり、環境の変化から生活習慣や食生活が乱れたりストレスが溜まったりすることで、肌が荒れてしまう方もいます。

20代後半になると肌の皮脂量や水分量が減ってくるので、肌が乾燥しやすくなってきます。乾燥が原因となるシワやシミといった肌トラブルが増えてきたり、30代が近づいてきてたるみやくすみなど年齢を重ねることで現れる肌の悩みも出てくる時期です。20代でも前半と後半では肌の状態が大きく変わってきます。

どのような化粧水を選ぶといいのか

20代全体を通してまず重視したいのは、保湿です。肌の乾燥はあらゆるは肌トラブルの原因となるので、しっかり保湿できる化粧水を選びます。しっかりと肌に化粧水を浸透させるために、使う量や肌へのなじませ方などにも注意しましょう。

そしてニキビや肌荒れが気になる方は、そのようなトラブルに対応した薬用化粧水やアルコールや防腐剤などの肌トラブルを起こしやすい成分の配合量が少ない化粧水を選びます。

シミやくすみが気になる方は、アンチエイジングラインの化粧水や、アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタなどが配合されている化粧水を選びます。

20代の肌変化を知った上で、自分の肌の状態にあった化粧水を選ぶことが、健やかな肌を保つことに繋がります。